2020年あけましておめでとうございます!

2020年1月1日。
佐賀関の白木の海岸から、だるま朝日が見られました。
皆様にとって、良い年になりますようお祈り申し上げます。

 

 

JUGEMテーマ:地域/ローカル

続きを読む >>

nyaringo * せど日記 * 23:44 * comments(0) * -

「大漁おし初め大会」は、毎年9月の第二土曜日開催です。

時々、大五郎車を見かけては、ホッと心をなでおろしている今日この頃。佐賀関らしさはまだ健在です。

今年は、関の鯛釣り踊り大会のメインイベント(と個人的に勝手に思っている)、「大漁おし初め大会」(※)に出ることが叶わなかったのですが、いろんな方から「あら?今年も優勝候補として出るんやねんな」と声をかけられました。

嬉しいやら、悲しいやら。

お声をかけていただくのはとてもうれしいことなのですが、出場できなかったのが悲しすぎました(T_T)

「あんたいいな(あなたちゃんと確認しなさい)。毎年9月の第二土曜日っち決まっちょるんやけん、ちゃんと覚えちょきよ」と、釘を刺されました(笑)

この辺りも、佐賀関らしさ健在でほっとする一コマ。

出場できなかったのは、自分自身が今年の「大漁おし初め大会」を9月7日(土)だと勘違いして、9月の第二土曜日の「大漁おし初め大会」の日の9月14日(土)に仕事を入れてしまったから自業自得です。

来年こそは、「優勝候補」として出場して、ちゃんと「優勝」したい!

※「大漁おし初め大会」とは、大分県大分市佐賀関で毎年開催される「関の鯛釣り踊り大会」と同日に催させる、手漕ぎの船のレースです。昔ながらの一丁櫓の伝馬船を漕いでタイムを競うレースです。年々高齢化が進み、ライバルが少なくなると思いきや、佐賀関パワーは衰えることなく、老若男女分け隔てなく出場でき、出場者も観客も大変に盛り上がります。

「大漁おし初め大会」の会場に一番近いバス停と、佐賀関の大五郎車

 

JUGEMテーマ:地域/ローカル


nyaringo * せど日記 * 08:51 * comments(0) * trackbacks(0)

佐賀関の無人島高島のウミネコ調査2019

2019年6月15日に、佐賀関半島突端に浮かぶ無人島、高島のウミネコの繁殖地の調査ボランティアに、今年も同行しました。

私の担当は例年と変わらず、巣、未孵化の卵、死んだウミネコ(雛、成鳥)の数の調査でした。
ウミネコの脚蹴りや、糞攻撃を受け、動物の糞尿臭がキツく、おまけに蒸して暑いという、結構過酷な調査環境なので、参加してくれる方がなかなかいないのが悩みの種だったのですが、今年はリーダーの積極的な声かけにより、6人の参加で行うことが出来ました。
例年に比べ、雛の数が少ないように感じました。
まさに今、孵化している卵に立ち会えたのは、幸運でした!!
高島に向かう船の上
標識調査の準備
巣の調査の準備。
環境に配慮して、笹を短く切ったものを巣の近くに置いてカウントするという方法を取っています。
岩の隙間に隠れるウミネコの雛。
今、まさに孵化しようとしている卵。
優雅に舞っているように見えますが、外敵の侵入に警戒しているウミネコたちが向かってきている様です。
ウミネコたちは、断崖絶壁にもたくさんの巣を作っています。

nyaringo * せど日記 * 18:53 * comments(0) * trackbacks(0)

一尺屋の石垣

そういえば、このブログは2月18日で15年が経ったのでした。

 

すっかり忘れておりました。

 

15年前は、ブログってのが流行る前だったので、恐る恐る始めてみたら、結構な言われようでした。

「訳の分からないものを始めたらしいよ。」と。

 

しかしながら、今や世間では、ブロガーと言われる方々が活躍しておられる時代です。

 

インスタグラムも早いうちから始めたのですが、やっぱり言われました。

「もう、facebookとかあるから、そんなのいらないのに、また何か始めたの?」と。

 

2年くらいしたら、インスタ映えが大流行!!

逆に「あなた、まだやってないの?」なんて言われて、どうしていいのかわからなくなりました(笑)

 

ということで今は、地方創生のためにソーシャルビジネスをするのだ!と息巻いておりますが、どうなることやら。

何が出来るのか考えておりますが、やっぱり言われております。

「なんなそれ?横文字で言われてもよく分からない」、と(笑)

 

インバウンドとか、スタートアップとか、ソーシャルビジネスとか・・・

横文字ズラズラ。

 

地方創生と、自分が生きるための糧をどうにかしたいと思いながら一尺屋の石垣で写真を撮っていたら、

魚釣りのおじさんから声をかけられて、立ち話。

 

そして、その魚釣りの見知らぬおじさんから、

「応援するよ!!」

と励まされたりしている今日この頃です。

 

 

 

 


nyaringo * せど日記 * 21:26 * comments(0) * trackbacks(0)

佐賀関の海水で白菜を漬ける

白菜を漬ける。
佐賀関の海水で洗って、天日干しして、3%の塩をして仮漬けをした。そろそら水が上がるので、昆布と鷹の爪とカボスの皮を入れて、本漬けにする。




nyaringo * 佐賀関グルメ * 12:02 * comments(0) * trackbacks(0)

早吸日女神社で初詣

早吸日女神社で初詣。

今年もだるまみくじをひきました。くじ付き籤があるってのが、楽しいのです?

神社の本殿裏で守っていらした申(猿)がいなくなっていて(一昨年辺りから肩から上が見えないんです…)、どちらかにお出掛けになっているのでしょうか。

静かにお参りができました。ありがとうございます。






nyaringo * せど日記 * 22:05 * comments(0) * trackbacks(0)

20190103 だるま朝日観察

本日も、だるま朝日が観察できました!!

 

 

最近、なにかと話題になっている(ような気がする)『月刊 岩ときもの』の撮影地をロケハンしました。

 

JUGEMテーマ:地域/ローカル

 


nyaringo * せど日記 * 21:03 * comments(0) * trackbacks(0)

2019年 新年のだるま朝日

明けましておめでとうございます!!

新年早々、おめでたいことが!

だるま朝日が見られましたよ?

2019年が皆様にとって、幸多き年でありますよう、お祈り申し上げます。


nyaringo * 佐賀関だるま朝日観察 * 11:56 * comments(0) * trackbacks(0)

今年のだるま朝日観察は、お休みします。

ただ今、佐賀関半島のちょうど向かいの、愛媛県の佐田岬半島のミカンの選果のアルバイトに来ておりまして、今年のだるま朝日観察は、行けそうもありません〜

楽しみにしていらしたかた(いるのかしら?)、すみません???

佐賀関と同じような風景ですが、大五郎車を見かけませんね〜






nyaringo * せど日記 * 19:45 * comments(0) * trackbacks(0)

手作り作品展「糸とあそぶ古布と遊ぶ」のご案内

着物のリメイク作品の展示会を、大分市鶴崎の毛利空桑記念館で開催しています。

縮緬細工(首藤)、表装・ミニ着物(本田)、裂き織り(狭間)、リメイク小物(渡辺)の四人展です。

 

作品展:「糸とあそぶ古布と遊ぶ」

会期:平成30年11月1日(木)〜30日(金)
   (休館日 11月5日、12日、19日、26日)
開館時間:午前9時〜午後4時30分
会場:毛利空桑記念館
   大分市鶴崎381−1
入館料:無料

 

縮緬細工は、小さくて繊細な世界が広がります。楽しくチクチクと手間をかけて作りだしたんだなぁ〜と、可愛らしい縮緬の小物たちに見入ります。

着物の表装は、「こんな柄を着物に仕立てたんだ!」という目の付け所にハッとさせられます。百人一首や竹取物語のデザインをはじめ、楠木正成・正行の楠公父子 桜井の決別図や、忠臣蔵の大石内蔵助が芸者遊びで目隠しをしているシーンを図柄にしたものなど、作者の世界観が凝縮された作品が並びます。
私は、着物から作ったスカートやがま口バッグ、市販の綿生地から作った二部式帯を作品(とは呼べないレベルですが)を展示させていただいています。着物を着ていくうちに、気に入っているんだけれど、破れたり汚れたりした着物を手放せなくて、とうとうリメイクまで手を広げてしまいました(*‘∀‘)
お近くいお越しの折りにお立ち寄りいただけますと、嬉しいです。

 

 

縮緬細工の作品(首藤さん)

高さ約20cmのミニ着物の作品(本田さん)

大石内蔵介の芸者遊びの場面を柄にした男物の長襦袢を、表装して掛け軸にした作品。(本田さん)

まだまだ作品とは呼べませんが、私が作った、スカートやらがま口やら日傘やら。(渡辺)

母校裏の、毛利空桑記念館にて11月30日まで開催。

作品展:「糸とあそぶ古布と遊ぶ」

会期:平成30年11月1日(木)〜30日(金)

   (休館日 11月5日、12日、19日、26日)

開館時間:午前9時〜午後4時30分

会場:毛利空桑記念館

   大分市鶴崎381−1

入館料:無料

 

JUGEMテーマ:地域/ローカル

続きを読む >>

nyaringo * せど日記 * 10:28 * comments(0) * trackbacks(0)
このページの先頭へ