<< 速吸の瀬戸を渡って四国へ | main | だるま朝日観察(in 徳島) >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


スポンサードリンク * - * * - * -

気になるさば大師(四国徳島県)

四国八十八箇所参り歩きお遍路の旅(区切り打ち)5回目。
第2日目。

今日は、23番薬王寺から宍喰(ししくい)まで35kmの道のりをぼつぼつ歩く。

朝6時から、薬王寺で朝のおつとめに参加。
「常にみんなの幸せを願って生きなさい。
そのためには自分自身をしっかり知ることが大事です。
それを『如実知自身』といいます。」
お坊さんのありがたいお言葉を頂きました。

ぼつぼつ歩く。
前から気になっていた「鯖(さば)大師」に立ち寄ってみた。
祈念のため、サバを3年間断たないといけないらしい。
「関サバがずっと残っていけますように」とお願いする。
でも、3年間はサバを断つ事はちょっと無理かなぁ〜と思ってみたりもした。


立派な鯖が鎮座しておりました。



途中、昔のお遍路道で浜辺を歩いてみた。
いつものくせで危うく貝殻を拾いそうになってしまった。

35kmの道のりを超えて、ようやく宍喰に到着!
昔アルバイトで来たことがあって、気になっていた宍喰温泉に入ってみることに。
疲れた身体に染みました。


泊まったのは、このホテルの横の宿泊施設。
温泉は、この豪華なホテルの中にありました。
肌がすべすべして、足の疲れも取れてヨカッタ!

nyaringo * 佐賀関ゆかりの地 * 20:49 * comments(0) * trackbacks(0)

スポンサーサイト


スポンサードリンク * - * 20:49 * - * -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ