<< 1/14のだるま朝日観察 | main | 1/15のだるま朝日観察 >>

大分市歴史資料館へ

今日はレポート書きのため、大分市歴史資料館へ行きました。
大分市周辺には、古墳群がまとまって分布しているそうです。

「5世紀ごろには、佐賀関の築山古墳、臼杵の臼塚・下山古墳などの
巨大な前方後円墳をもった古墳群がつくられ、海上活動を生業とした豪族が
すでに存在していた。」(大分市歴史資料館、常設展展示説明より)

おぉ〜佐賀関、すごいぃ〜
リアス式海岸で、平野が少ない佐賀関半島には、貝塚がないので、
それ以前のことはよくわからないみたいだけれど、すごいぃ〜
と、来館は私一人だったので、怪しい独り言をそこかしこで上げていたのでした。

別の資料を読むと、
神崎(現本神崎)の築山古墳からは、骨製の釣り針が出土している、とあった。
そうか!金属がなくても、骨で作ればいいんだ!

1/14大分市歴史資料館
受付のお姉さんにいただいた資料。ありがたや〜
2007年に開催された「おおいたの漁具」展に、佐賀関の漁具が展示されていた。
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 大分情報へ

nyaringo * 佐賀関ゆかりの地 * 23:20 * comments(0) * trackbacks(1)

スポンサーサイト


スポンサードリンク * - * 23:20 * - * -

コメント

コメントする









トラックバック

-

管理者の承認待ちトラックバックです。

From - @ 2009/11/07 11:21 PM
このページの先頭へ