<< タンザニア旅行4日目-タランギーレ国立公園からセレンゲティ国立公園へ- | main | タンザニア旅行6日目-タランギーレ国立公園からンゴロンゴロ自然保護区へ- >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


スポンサードリンク * - * * - * -

タンザニア旅行5日目-セレンゲティ国立公園 ゲーム・ドライブ-

今日は終日、セレンゲティ国立公園でのゲーム・ドライブ(サファリ・ドライブ)の日。わくわくしすぎて、日の出前に目が覚めました。明けの明星、金星がきれいでした。

「JAMBO!(やあ!)MAMBO!(調子はどう?)」「JAMBO!(やあ!)POA!(大丈夫だよ〜)」と、スワヒリ語でのあいさつも慣れてきて、いざサファリへ出発〜


サファリの夜明け。明けの明星がキラリ。

「SHIMAUMA〜KAWAII♪」シマウマ カワイイという日本語だけ覚えている、ガイド兼ドライバーのFELIXくん。「東アフリカに生息するゼブラは3種類いて、これはコモンゼブラ。他種との違いは、お尻のところから縞が出ていて、お腹の下まで縞がつながっているのが特徴なんだよ。セレンゲティとケニア南部に生息していて、移動するんだよ。」と、野生動物に超詳しい。頼もしい♪

ソーセージツリー。ソーセージみたいな形の実がなるので、そう呼ばれている。
 
「ライオン!!ライオンの群れがいるよ!!!」ガイドのFELIXくんが興奮気味に話す。はて、どこにいるのかな??「枯れて倒れた木の下にいるじゃない!ホラ、ホラホラ!!」

イター!!( ゚Д゚)!!ライオンだっ!


メスライオンの群れ。ライオンはメスはメス。オスはオスでグループを作って生活する。

「わー!!ライオンの群れだー!!!!」またもや大興奮のFELIXくん。「2頭?いや3頭。いやいや4頭もいるよ!!」彼らはものすごく目が効く。「オスライオンの群れは滅多に見られないんだよ。なぜなら、メスを獲得するときに異なるグループが敵対した場合、勝利したグループは負けたグループのオスライオンを全滅させるんだ。それに加え、オスはメスに比べ寿命が短い。メスライオンの個体数は比較的安定しているんだけど、オスは数が減少しているから貴重なんだよ!!」
それを聞いて、私も興奮!でも訳したのは「オスライオンが4頭いまーす!!」で精いっぱい(笑)

オスライオンの群れ。

動物が動くのは、主に朝早くと夕方なので、昼食をとってから、夕方からゲーム・ドライブを再開。

ホテルの近くで、キリンの群れを発見!

マサイキリン。ベージュ地に茶色の小さい模様が特徴で、タンザニア北部からケニア南部に生息。アミメキリンだと、白地にこげ茶模様となる。写真左の模様の色が濃いものは老齢。右の個体は若い。

キリンが水飲んでる♪


カバの群れ。日中は主に水の中で過ごす。早朝、夕方に水から上がって、草を食むが、水辺から100m以上は離れない。これは皮膚が薄く、乾燥しやすいため、すぐに水に戻れるようにするため。あまり単独で行動しない。

という話をした後で、単独行動のカバ発見!(笑)


じぃ〜とこちらを見つめるカバ。この後、かなりのスピードで駆けて逃げて行った。 


nyaringo * 日記 * 21:49 * comments(0) * trackbacks(0)

スポンサーサイト


スポンサードリンク * - * 21:49 * - * -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ