<< 海辺の桜 | main | 佐賀関でも大きな地震 >>

碁洞の浜トレッキング

今日は干潮の時だけ渡れる浜に、大五郎車研究会のメンバーと一緒に、ぶらりと出掛けてみました。

細川公(肥後藩主)が参勤交代の折に立ち寄って楽しまれた、五つの洞のある風光明媚な浜、ごどうの浜(地元では、「ごとう」と呼びます。漢字は忘れました)は、大きく潮がひいて、渡れる道が開けておりました。

ワカメを採る地元の人などもいましたよ。

車の音もなく、波の音だけが響く静かな時間を過ごしました。












nyaringo * せど日記 * 22:35 * comments(0) * trackbacks(0)

スポンサーサイト


スポンサードリンク * - * 22:35 * - * -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ