<< 満月の夜、月が3つ!? | main | 『月刊岩ときもの』2018年10月号 >>

台風24号はそれほど影響はなく。

先日、海が見渡せる場所に住んでいる、

"ふさふさだった時代はあったのだろうか?という疑惑のある眩しい輝きを放つ見事な頭"のお兄様から、

 

「台風の時に、うちから海を見たら、波が高く、ものすごく荒れた海の様子が見られるよ。

今度、台風が来たら、うちに遊びに来たらいいよ」

と誘われましたが、

 

よくよく考えたら、台風の時は外に出るのは危ないじゃないか!

暴風雨の中、外に出られないわよ!!

 

ということで、今回の台風も、おとなしく家でじっとしておりました。

幸い、風も雨も暴走するほどではありませんでしたので、被害はなく無事です。

 

微妙なラインで攻めて、バランスを取りながら冗談を言える世代というのがまだ健在で、

笑って過ごせることは、ありがたいことです。

 


生前祖母が病院で使っていた長枕を、家族が使うために置いていたら、
まるとのわに占拠されるの図(笑)

JUGEMテーマ:地域/ローカル


nyaringo * せど日記 * 20:47 * comments(0) * trackbacks(0)

スポンサーサイト


スポンサードリンク * - * 20:47 * - * -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ