<< こうばいかい上浦店に魚をさばく天才がいるらしい | main | 佐賀関の風景写真ハガキ販売中 >>

佐賀関半島にはびこる葛

手入れの行き届かなくなった地域では、葛がはびこっております。

佐賀関半島の野山も例外なく、葛がわっさわっさと茂っております。

かつては生活に活用されていた葛も、今では厄介者として嫌われている節がありますが、最近、薬草に詳しい方に葛の花の効能などを聞いたので、葛の花のジュースを作ってみたくて、ランニングの帰り道、葛の花を採取しました。

 

巷では、イソフラボンとやらが豊富で、ダイエット効果もあり!とうたわれているのですが、真偽のほどはわかりません。

薬草マニアの知人によると、頭痛、目の疲れと痛み、耳鳴り、めまい、肩こりに効くと申しておりました。これも試してないので、わからないのですが、面白そうなので作ってみることに。

 

子供のころからの「果実酒とか、薬草とかの瓶を棚にズラリと並べる生活をしてみたい」という夢(というほどでもありませんが)を実現すべく、今年は葛の花ジュースと葛の花酒の瓶が、果実酒スペースに収められました。

 

葛の花には天然の酵母もいるらしく、また、葛ジュースを半年ほど置くと酢になるようで、酵母で肉まんを、酢でお寿司を作ってみたいなぁ〜と密かに思っております。

※参考にしたサイト

http://tenohiratanka.com/resipi

 

 

 

 

JUGEMテーマ:地域/ローカル


nyaringo * せど日記 * 22:59 * comments(0) * trackbacks(0)

スポンサーサイト


スポンサードリンク * - * 22:59 * - * -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ