<< 台風24号はそれほど影響はなく。 | main | 南九州移住ドラフト会議2018に参加して >>

『月刊岩ときもの』2018年10月号

毎月、18日を岩(いわ)の日として、着物を着て、岩場に行き、写真を撮って、それを雑誌の表紙風に加工して、インターネット上に公開するという活動をしています。2016年2月号に創刊して、佐賀関の岩場から始めて、大分県内はもとより、福岡県、熊本県、宮崎県にまで活動の幅を広げております。

紙媒体はなく、インターネット上(facebookページと、インスタグラムでのみ公開)でしか見られず、しかも表紙だけ量産しているという、摩訶不思議な雑誌です。コアなファンの方々からは、「幻のエア雑誌」と呼ばれております(笑)

 

10月18日の岩の日は、佐賀関の岩場で撮影した写真を使いました。
今回は、表紙写真に使った銘仙の着物をリメイクしたスカートとワンピースの写真を撮るために、更新日の18日当日、しかも日が暮れてから、慌てて岩場に行きました。
 

JUGEMテーマ:地域/ローカル

私は特段気にしていなかったのですが、岩場に降りる道が山道で、草むらをかき分けて、突如岩場に出現したところを、対岸の黄色いジャケットを着た釣り客に目撃されまして、大変に驚かれていらっしゃいました。
そして、いそいそと岩場で服を着替え、三脚を立てカメラを準備し始めたところ、その釣り客の方、ご自身が写真に写りこむ可能性があると気づかれて、目立つ黄色のジャケットを脱ぎ、下に着ていた黄土色のトレーナーで岩と同化して、じっと竿を握って釣りを続けるというお気遣いをただきました。
薄暗くなっていく中、見せてはいけない恐ろしいものを見せてしまったのかも・・・wwwスミマセン

 

 

 


nyaringo * せど日記 * 21:27 * comments(0) * trackbacks(0)

スポンサーサイト


スポンサードリンク * - * 21:27 * - * -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ