<< 南九州移住ドラフト会議2018に参加して | main |

手作り作品展「糸とあそぶ古布と遊ぶ」のご案内

着物のリメイク作品の展示会を、大分市鶴崎の毛利空桑記念館で開催しています。

縮緬細工(首藤)、表装・ミニ着物(本田)、裂き織り(狭間)、リメイク小物(渡辺)の四人展です。

 

作品展:「糸とあそぶ古布と遊ぶ」

会期:平成30年11月1日(木)〜30日(金)
   (休館日 11月5日、12日、19日、26日)
開館時間:午前9時〜午後4時30分
会場:毛利空桑記念館
   大分市鶴崎381−1
入館料:無料

 

縮緬細工は、小さくて繊細な世界が広がります。楽しくチクチクと手間をかけて作りだしたんだなぁ〜と、可愛らしい縮緬の小物たちに見入ります。

着物の表装は、「こんな柄を着物に仕立てたんだ!」という目の付け所にハッとさせられます。百人一首や竹取物語のデザインをはじめ、楠木正成・正行の楠公父子 桜井の決別図や、忠臣蔵の大石内蔵助が芸者遊びで目隠しをしているシーンを図柄にしたものなど、作者の世界観が凝縮された作品が並びます。
私は、着物から作ったスカートやがま口バッグ、市販の綿生地から作った二部式帯を作品(とは呼べないレベルですが)を展示させていただいています。着物を着ていくうちに、気に入っているんだけれど、破れたり汚れたりした着物を手放せなくて、とうとうリメイクまで手を広げてしまいました(*‘∀‘)
お近くいお越しの折りにお立ち寄りいただけますと、嬉しいです。

 

 

縮緬細工の作品(首藤さん)

高さ約20cmのミニ着物の作品(本田さん)

大石内蔵介の芸者遊びの場面を柄にした男物の長襦袢を、表装して掛け軸にした作品。(本田さん)

まだまだ作品とは呼べませんが、私が作った、スカートやらがま口やら日傘やら。(渡辺)

母校裏の、毛利空桑記念館にて11月30日まで開催。

作品展:「糸とあそぶ古布と遊ぶ」

会期:平成30年11月1日(木)〜30日(金)

   (休館日 11月5日、12日、19日、26日)

開館時間:午前9時〜午後4時30分

会場:毛利空桑記念館

   大分市鶴崎381−1

入館料:無料

 

JUGEMテーマ:地域/ローカル

子供のころから着物が好きで、いつか自分で着られるようになって出掛けたい、と漠然と思って30年くらい経過。時間はあっという間に過ぎていきます。いつかいつか・・・と思うだけだったのですが、大きなきっかけがありました。

 

モンゴルに青年海外協力隊に参加して、赴任先の隣の県の大学で日本週間のイベントをするので、着物を着て茶道のデモンストレーションをしてほしい、と頼まれたのです。着物もお茶も、モンゴルに行く前に、ほんの数回練習しただけで、付け焼刃の知識と技術で、ほぼぶっつけ本番でやらなければならない機会を与えられました。

 

着物の着付けは、


nyaringo * せど日記 * 10:28 * comments(0) * trackbacks(0)

スポンサーサイト


スポンサードリンク * - * 10:28 * - * -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ